アンチエイジング・坑酸化でマイナス5歳肌!!のTOPに戻る

老眼とは


老眼は加齢で万人に起こる現象なので、完全な予防策はありません。

老眼が起こるのは、加齢とともに目のピント合わせるレンズ(目の中の水晶体のことです)の厚さを調節する能力が弱まってきます。

レンズのピント調整能力が衰えてくると、近い場所が見えにくくなります。

これが老眼です。

年齢的には早い人で40歳前後から起こる老化現象です。

目は水晶体の厚みを無意識的に変えて、厚くしたり薄くしたりしてピントを合わせているのですが、老眼になると、ピントを合わせられる範囲が狭くなるのです。

その結果、遠くはピントが合けど、近くはピントが合わないということ、つまり老眼になります。


もし「ついに私も老眼なのか?」と気づいたら、眼科に行った方が良いでしょう。

放置しておくと、老眼の症状が進行してしまう可能性があります。